「任意売却」特集|不動産投資で任意売却物件を購入 メリット・デメリット

不動産投資で任意売却物件を購入 メリット・デメリット

こんにちは、任意売却を行う「だんらん住宅」が、

買主様目線で不動産投資として任意売却物件を購入する
メリット・デメリットについてご紹介します。

任意売却物件はお得に購入が可能です。
任意売却された物件は住宅ローン返済中に売却されるので、
築年数浅めで価格もある程度安く購入できます。

売主様にとっては任意売却できる期間が決まっているケースも多いので、
購入金額に交渉の余地があります。


任意売却物件とは?


住宅ローン返済に困り売る物件のこと
任意売却の状況を思い浮かべると分かるように
任意売却物件とは、住宅ローン返済が苦しい売主様が売る物件を指します。


任意売却物件を購入するメリット

市場価格より安く買える場合が多い。
任意売却は債権者(銀行)や連帯保証人といった住宅にまつわる関係者が多いので、
物件を自分の都合ですべて決められません。
任意売却をする期間であったり、金額設定など口出しされます。

よって期間が定められると早く売れる金額で設定されると、
市場価格より1割から2割程度安く売られる場合もあるのです。

 

任意売却物件を購入するデメリット

瑕疵担保責任が免責になる。
買主様にとっては嬉しくない話ですが、瑕疵担保責任といって、
住宅を買った後、重大な瑕疵が見つかっても売主様は免責になります。

ただ弊社が取り扱う任意売却物件は、一級建物診断士が物件を確認し、
悪い部分も含め報告書に記載するので、買主様にも買いやすいように工夫しております。


任意売却物件は良い部分も悪い部分もございます。
詳しくはお気軽にお問い合わせくださいませ!

 

任意売却の詳しいご説明はこちらをご覧くださいませ!