「任意売却」特集|任意売却して「リースバック」、家を売った後も住み続けられるリースバックとは!?

任意売却して「リースバック」、家を売った後も住み続けられるリースバックとは!?

こんにちは、大阪市で任意売却を行う「だんらん住宅」です。

昔購入した家が収入の減少や支出の増加によって、
住宅ローンの支払いが厳しくなるケースも多いです。

今回は住宅ローンの支払いが厳しくなってきた方に向けて、
「リースバック」について任意売却の話も交えながらご紹介していきます。


リースバックとは

 

リースバックとは、今お住まいの家を売ってもそのまま家に住み続けられる売却方法です。
要は不動産会社が家を買い取って、不動産会社がオーナーとなって家賃を
お住まいの方に請求していくものになります。


弊社はリースバックをオススメしておりません!

 

先ほども説明しましたが、リースバックは不動産会社による不動産買取です。
不動産買取は市場価格より安い価格で不動産会社が買取りを行います。

つまり、毎月のお金に窮するお客様を手助けする手段としては、
市場価格より安い価格がつく「不動産買取」ではなく、
市場価格で高い価格がつく「仲介売却」なのです!


「リースバック」は本当に本当に必要と思う理由がなければしないでください!


・ご夫婦が高齢で環境を変えるのは心身的につらい
・高齢の一人暮らしで付き合いがなくなってしまう
・ここを引っ越して近くの賃貸物件を借りることができない


上記のような特別な理由がない限り、「任意売却」を行って、
賃貸物件などに移り住むのが得策です。


Pick Up 「リースバック」と「リバースモーゲージ」の違い

 

リースバックと良く比較されるものにリバースモーゲージという方法があります。
リバースモーゲージは、金融機関に家を担保として融資を受けるやり方です。

毎月の返済は金利のみで、契約者が死亡した段階で家を売却して一括返済する仕組みです。
またリースバックとは違い、毎月家賃を支払う必要がなく、死ぬまで同じ家に済み続けることが
できるという特徴があります。

また弊社は「リースバック」も「リバースモーゲージ」もオススメしておりません!
あくまで「任意売却」後は、賃貸物件に移り住むなど、今後のご自身の資金面と相談した上の
生活が重要となってきます。


大阪市で住宅ローン返済に苦しいなどのお悩みの方は、
任意売却を行う「だんらん住宅」にご相談ください!

自分でインターネットや書籍だけで調べた内容だけでは、
本当に正しいのか?迷う部分も多いはずです。
ご相談頂ければ正直に必要なやり方でご対応させていただきます。

 

任意売却の詳しいご説明はこちらをご覧くださいませ!