「任意売却」特集|任意売却をした後、残債はどうなるの?

任意売却をした後、残債はどうなるの?

こんにちは、大阪市で任意売却を行う「だんらん住宅株式会社」です。

今回は、任意売却後の残債(住宅ローンの残り)がどうなるか?
について、ご説明していきます。


任意売却をすれば残債がなくなる!?

任意売却をしても、住宅ローンの残債がなくなる訳ではありません。
残債(住宅ローンの残り)は任意売却の売却額が上回った時に
はじめて残債がなくなります。


任意売却の売却額が残債を下回った時はどうなるのか!?

2つのパターンの返済方法に分かれます。

 

ひとつは、住宅ローンを借りていた金融機関にそのまま返済していく方法です。
金融機関は一括返済が難しいことは承知しているので、今後、残債の分割での返済方法を決めていきます。

 

もうひとつは、金融機関が債権回収会社(サビサー)に債権を譲渡するケースです。
返済先は代わり債権回収会社になりますが、金融機関での残債と同じく分割で返済していくことになります。


「任意売却」、「残債」と普段聞き馴染みがなかった言葉が多かったと思います。
詳しくは弊社にご相談してください。

 

弊社は、大阪で「任意売却」という言葉がなかった時代から「任意売却」に携わってきました。
不動産会社によっては、「任意売却」は難しいからお断りするというケースは多々ありますが、弊社では対応可能です!

もし、大阪でコロナの影響で収入減少した方で「任意売却」にご興味のある方、
ぜひ、弊社にお任せください!弊社は、代表山本をはじめ、任意売却エージェントの資格を持っている営業マンが複数います。「任意売却」を成功させる自信がございますので、大阪で「任意売却」なら「だんらん住宅株式会社」にお任せください!

任意売却の詳しいご説明はこちらをご覧くださいませ!