「任意売却」特集|住宅ローンを滞納してしまった 差し押さえになる!?

住宅ローンを滞納してしまった 差し押さえになる!?

こんにちは、大阪市で任意売却を行う「だんらん住宅株式会社」です。

いま現在、住宅ローン滞納のご相談は増えています。
ご安心ください!住宅ローンを滞納して数ヶ月程度であれば、差し押さえられることはありません。
しかし、滞納してしまっている状況に変わりはないので、まずは弊社にご相談をしてください。


住宅ローンの延滞・滞納について

弊社にご相談を頂くお客様のほとんどは住宅ローンを滞納をしたい訳ではありません。
滞納してしまう仕方がない理由がございます。
例えば、収入減少・離職・離婚など、自分ではコントロールが効かない要素で、
住宅ローンを滞納してしまう場合がほとんどです。

延滞は支払いが遅れたとしても実際に支払っているので
そこまで気にしなくても平気です。
ただ、住宅ローンの滞納は問題の性質が変わってきます。
滞納を続けると借入先の銀行(金融機関)が競売に向けて動き出します。


住宅ローンの滞納を解決する方法は1つです。
 

今お持ちの「家を売る」ことです。

 
せっかく苦労して購入した家を売ることは、苦渋の決断かと思いますが、「任意売却」できる期間までに売らないと「競売」にかけられてしまい、さらに苦しい思いをする可能性がございます。

実際にここでは住宅ローンの滞納をしてしまった場合の対策をご紹介します。

 
まずは金融機関に連絡してください!


住宅ローンを滞納してしまっている状況は、異常な状態です。これをまず認識してください。
だからまず何よりも金融機関への連絡が必要なのです。金融機関の担当者に謝罪を行い、
事情を説明する必要があります。金融機関によっては事情を考慮して、
返済スケジュールを遅らせてくれたり、返済計画の立て直しをしてくれる場合もございます。


収入減少や解雇といった理由で住宅ローンの滞納が続いてしまったら
金融機関と調整によって住宅ローン返済計画を立て直しても、
収入減少や解雇といった根本的に住宅ローンの返済が厳しい場合は、
「家を売る」選択をオススメします。

ローン滞納が続くと、督促状を初め、「代位弁済通知書」、「差押通知書」、「競売開始決定通知書」といった書類が次々と届くことになります。最後、「期間入札決定通知書」が届き、1週間~1カ月程度の入札期間を経て、
今済んでいる家を4~6カ月程度で退去する必要がでてきます。


こうなる前に任意売却を!


収入減少や解雇、病気といった理由で住宅ローンの滞納が予測できる場合は、
早めに弊社にご相談ください。別に任意売却をすることは恥ずかしいことではありません。
お客様にとってより早く平穏な一日を取り戻す手助けをさせてください。

また任意売却ができる期間に売却をしないと競売となっってしまい、市場価格より下がった金額の売却になる可能性がございます。


弊社は、大阪市で「任意売却」という言葉がなかった時代から「任意売却」に携わってきました。
不動産会社によっては、「任意売却」は難しいからお断りするというケースは多々ありますが、
弊社では対応可能です!

もし、大阪市でコロナの影響で収入減少した方で「任意売却」にご興味のある方、
ぜひ、弊社にお任せください!弊社は、代表山本をはじめ、任意売却エージェントの資格を
持っている営業マンが複数います。「任意売却」を成功させる自信がございますので、
大阪市で「任意売却」なら「だんらん住宅株式会社」にお任せください!

任意売却の詳しいご説明はこちらをご覧くださいませ!