「任意売却」特集|任意売却のメリットは?

任意売却のメリットは?

こんにちは、大阪市で任意売却を行う「だんらん住宅株式会社」です。
住宅ローンの返済のためにご自宅を売却するには、任意売却と競売2つの方法があります。
任意売却は競売と比べメリットの多い不動産取引となっております。
今回は任意売却のメリットをまとめてみました。
 

1 競売に比べ高く売れやすい

任意売却は、通常の不動産売却と同じ方法で売却するため、特殊な市場で取引きされる競売より高く売れることが多いです。
競売物件では、内覧ができない(占有者の許可があればできますが、実質的に困難です)、物件の引き渡し後に不具合が確認された場合に、契約解除や損害賠償請求ができない等、市場での取引きのように購入者保護のシステムができていません。
この不利な条件のために売価は下がっており、競売は一般市場価格の56%程度の定価になるとも言われます。
任意売却は一般市場での取引きのため、競売のような廉価での売却とはなりません。競売より高く売れるため、返済しなければいけない残りの住宅ローンを少なくすることができます。
 

2 残りの住宅ローンの分割返済ができる

住宅ローンから売却額を引いた残りのローンは、もちろん支払わなければなりません。これは競売も任意売却も同じですが、両者で支払い方法が変わってきます。
競売の場合は返済に関する交渉ができないため、一括返済を求められます。
任意売却の場合は、銀行などの金融機関と交渉により、無理のない返済も可能となります。
相談者様の状況に応じて、月々1万円のように支払いが可能な範囲での分割返済ができる可能性があります。
 

3 持出し金が不要

任意売却は通常の不動産取引と同様、諸経費がかかります。ですがその費用は、売買代金からの精算が可能です。
そのため、「任意売却を検討したいけど、業者に支払う費用が用意できない」とお悩みの方でも、安心してご利用いただける方法です。
 

4 引越しに係る費用をもらえることがある

任意売却では自宅を売却しますので、当然引越しをする必要があります。
引越しには、荷物の運搬費用・敷金・礼金・仲介手数料等が必要ですが、交渉次第で売却代金から捻出してもらえることがあります。
 

5 周囲に知られない

任意売却では、任意売却であることを公表しません。ローンを滞納したことを周囲の方に知られずに、自宅を売却できます。
競売の場合は新聞やインターネットで物件情報が掲載されるため、周囲の方に知られる可能性は非常に高くなります。
 
 
任意売却は競売と比較してメリットが多くあることをご理解いただけましたでしょうか。
 
任意売却は金融機関等との交渉が必要なため、我々不動産会社にスキルが求められる取引きです。
弊社は、大阪市で「任意売却」という言葉がなかった時代から「任意売却」に携わってきました。
不動産会社によっては、「任意売却」は難しいからお断りするというケースは多々あります。しかし弊社では、代表山本をはじめ、任意売却エージェントの資格を持っている営業マンが複数います。
「任意売却」を成功させる自信がございますので、大阪市で「任意売却」なら「だんらん住宅株式会社」にお任せください!
任意売却の詳しいご説明はこちらをご覧くださいませ!