「任意売却」特集|任意売却はどうして銀行(債権者)の同意が必要なのか?

任意売却はどうして銀行(債権者)の同意が必要なのか?

こんにちは、大阪市で任意売却を行う「だんらん住宅」です。

今回は任意売却が銀行の同意をいる理由についてお話しします。


住宅ローンを組むとき、家を担保にしてお金を借りています。
住宅ローンの支払いが滞納になれば、抵当権を持つ銀行が競売に舵を切ります。
競売は裁判所が行う強制力を持ったものになります。
それと比較すると任意売却は市場価格に沿った形で売却できるのがメリットです。
競売より任意売却の方がより高く家を売れる可能性が高いです。


銀行(債権者)は競売にしたくない!?

先ほども紹介したように、任意売却の方が競売より高く売ることができるので、
銀行も任意売却をするために家についた抵当権を解除する選択を取ります。

ただし、債権者が複数いる場合は任意売却に応じてもらえる可能性が低くなります。
なによりもまず、住宅ローン返済にお困りでしたら、だんらん住宅へご相談ください。


大阪市で任意売却を行う「だんらん住宅」は、任意売却のその後を見据えた戦略を考えています。
お客様一人ひとりの事情は違います。まずはお気軽にご相談を!ラインでも大丈夫です。

任意売却の詳しいご説明はこちらをご覧くださいませ!